吉野家の缶詰の味はまずい?口コミや食べてみた感想をチェック!

お役立ち

吉野家の缶詰の「缶飯」が「まずい」という話もあるのですが本当なのでしょうか?

「吉野家の缶詰は本当にまずいのか?」という疑問や、実際に購入して食べてみた方の口コミや感想をまとめてみました。

吉野家の缶詰である「缶飯」は非常食としても最適だと思いますので災害が発生する前に、吉野家の缶詰を非常食として準備しておくのもおすすめです。

吉野家の缶詰の味はまずい?

吉野家の缶詰「缶飯」について調べてみると「まずい」というワードが出てきます。

おいしいという声も結構見かけたので気になって調べてみました。

まずいと思ってしまうかもしれないポイント

味は完全にいつも吉野家の牛丼なのですが、温めずに常温で食べると肉は冷めているので固く、牛肉の脂が白く固まっているせいか、お米の部分にまでほんのり染みこんでいるので、人によっては脂っぽさが気になるかもしれません。

玄米で、水分量を多めに炊き上げ、非常時でも食べやすいように作られていることもあるためか、つゆだくを超えてべちゃべちゃした感じになっています。ごはんがタレを吸って食感がやや残念かも。

牛丼の雑炊というかおかゆという感じ。

缶詰ということで、容量も限られいて小さめなので、お肉の量にはあまり期待しないほうがいいかもしれません。牛肉の存在感は小さめです。

豚丼だと、牛丼よりか肉の存在感がある気がします。

やはり常温で食べると、お店のものより味が薄く感じられてしまうので、温めたほうがきっとおいしい。

豚生姜焼丼ですが、焼きたての香ばしさが生姜焼きのポイントといえるところかもしれないので、缶詰にはあまり向かないのかもしれません。しょうがの香りはしっかりと効いています。

非常用としての缶詰なのでやはり常温でも食べれる!というところがポイントなのでしょうが、やっぱりできるだけ温めたほうがおいしいと思ってしまうのかもしれません。

あとは玄米が苦手という人はやはり苦手かもですね・・・。

吉野家の缶詰の口コミや食べてみた感想

やっぱり缶詰というだけあって小さい。ペロッといけちゃいそうですね。

他にも焼塩さば丼というものがあるのですが、

焼塩さば丼は、見た感じで厚みがあってしっかりとしていて、食べ応えも十分あり、さばの旨みも感じられおいしいです。見た目からもうおいしそう。

あっさり目で、老若男女いける味。

牛丼と比べて温めなくてもおいしいというところがまたいいですね。

ごまやしょうゆなど香ばしい香りが印象的で焼き肉のたれの風味が強めの牛焼肉丼

具が大きいので非常時の食事としては満足度が高そうで、炊き込みご飯に近い印象の鳥丼

YouTubeでもレビューしている方が多くいるので、参考にしてみるといいかも。

吉野家の缶詰ですごく期待してしまう部分もありますが、やはり非常時のときのための食事なので、多少お店とは違ってきますね。

吉野家 缶飯 牛丼 豚丼 牛焼肉丼 豚しょうが焼 焼鶏丼 焼塩さば 6種6缶セット 非常用保存食 常温保存 ごはん付き 缶詰 非常食 長期保存 保存食 吉牛 防災グッツ yo-assort6

吉野家の缶詰の味はまずい?口コミや食べてみた感想!まとめ

日本は自然災害も多いので、災害に遭ってしまったときのために防災グッズや非常食として食料品などの備えはしっかり準備しておくといいかもしれません。

吉野家の缶詰「缶飯」は非常食としておすすめです。
災害時にライフラインがなかなか復旧せず、そんなことになってしまったら食事のことが本当に不安になってしまいます。

味はお店よりは劣ってしまうかもしれませんが、常温でもそのままごはんとお肉が食べられるっていいですよね。

そんな時のために、ご家庭に1セット準備しておくと安心かもしれません。
災害もなく、賞味期限が迫ったときに、家族みんなで食べてみるという楽しみもありますね(^^)

賞味期限を忘れないようしましょう~。

吉野家の缶詰は高い?値段やどこで買えるのか調査!の記事はコチラ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました