豆腐はダイエット中の食材としても最適?

お役立ち

豆腐はスーパーなどで気軽に購入できます。

冷奴やお味噌汁、お鍋などなどいろいろな料理にも使える便利な食材です。

豆腐は低カロリーでダイエット中にも向いている食品といえるので、豆腐を使ったダイエット中のレシピや食べ方などをご紹介します。

無理のない豆腐を使ったダイエットレシピ

豆腐は低カロリー食品なので、ダイエットの強い味方であることは、多くの人に認識されていると思います。

その他にも、ダイエットに役立つ食材として豆腐がよく利用されている理由として、良質なたんぱく質であるという点になります。

豆腐の原料に大豆があります。その大豆に含まれているたんぱく質には皮下脂肪や中性脂肪を低下させてくれる成分を含んでいるのです。

豆腐に含まれている脂肪の代謝を活発にする栄養素が、人の体の中にある脂肪を効率的に燃やすために役に立つといえます。

女性ホルモンと似た働きをする成分の大豆イソフラボンが豆腐には含まれています。

ホルモンのバランスを整えるのにとても役に立つため、女性のダイエット食として、豆腐はとても適しているといえます。

豆腐を料理に取り入れつつ食事のカロリーを減らしたり、量を増やしてたくさん食べても良いように豆腐を使用するのがベストです。

豆腐ハンバーグというものがありますが、ハンバーグをつくる時に、もともとのレシピからお肉を減らして、豆腐を足すなどの工夫をします。豆腐はお肉との相性もいいので、食感や味も普通のハンバーグと変わりなく食べることができます。
普通のお肉だけのハンバーグより低カロリーにもなり、高たんぱくの豆腐はダイエットに大変役に立つ食品なので、上手に利用していけるといいでしょう。

ダイエットにはカロリーの低い豆腐がおすすめ

食事の一食分を、カロリーの低い別の食材に変えたり、ダイエットメニューに置き換えるというダイエット方法があります。

多くの人が取り組んでいる置き換えダイエットの中にも、豆腐に置き換えるというものもあります。

食事の一食分の内容を豆腐にすることで摂取カロリー量を減らすことができるので、効率的なダイエットができることが可能です。

豆腐の置き換えダイエットは、他の方法と比べても、手軽にできることから始める人がとても多いようです。

しかし気を付けなければいけないのが、置き換えダイエットでも、それ以外のダイエットでも誤ったやり方でダイエットを続けていると、思うように体重を減らすことができません。

一食分のカロリー摂取の量をせっかく豆腐を用いて少なくしていても、甘いものを食べ過ぎてしまったらカロリーオーバーになってしまいます。

食事の量を減らしても、間食で食べ過ぎてしまったということがないよう、1日トータルでどのくらい自分が食べたのかを意識することが大事です。

どうしても、時間外に食事をしたいという場合は、甘いものを食べるのではなく、豆腐をそのまま食べるなどしてみましょう。

何か食べたいな~という時に豆腐を食べることで、ある程度ボリュームのあるものを食べつつも、カロリー量も少なくしておけます。

豆腐はカロリーが低い食品の代表的なものでもあり、味も癖が無いので好き嫌いが多い人も、問題なく食べることができると思います。

ダイエットに有効な成分が含まれていることもあり、豆腐は健康や美容にいい食べ物だと言われています。豆腐には、女性ホルモンによく似た成分も含まれています。そのためダイエットだけでなく美容にもよい効果があり、著食に豆腐を食べているという女性も珍しくなくなってきています。

ダイエットをする時の豆腐の食べ方について

低カロリーで、良質なたんぱく質をたっぷり含んでいる豆腐は、ダイエット時の食事の強い味方になってくれます。

健康にいい食事をするためには欠かせないものであり、ダイエット用として活用している人もいます。

ダイエットや、健康維持によいといわれている豆腐ですが、食べる際には知っておいたほうが役に立つことがあります。

豆腐の食べ方によっては、それ程ダイエット効果を感じないという場合もあるようです。

まず注意しなければならない点は、豆腐をダイエットで利用するとは言っても、豆腐だけの食事にはしないという事です。

単品しか食べないというダイエット方法は確かに体重を落とす事だけを考えれば、理にかなってはいるのですが、短い期間で、体重さえ減れば何でもいいという場合です。

しかしその場合は体重が減ったかわりに、体調を損ねてしまう可能性も大いにあります。

豆腐だけしか食べないメニューでは、体に必要な栄養が不足してしまうので、体のためには良くありません。

身体に必要な栄養が不足してしまい、お肌のトラブルが出てきたり、それが悪化してしまったり、他にも風邪を引きやすくなったりというトラブルが発生する恐れがあるようです。

豆腐を利用したダイエットを行う場合は、まずはいつもの食事に豆腐を取り入れるという食べ方が体にも負担をかけにくくなります。

豆腐自体は冷たいままでも食べる事は出来ますが、より体を温める方が脂肪燃焼などにも良い場合があるので、温めてから食べる方がさらに良いといえるでしょう。

温める時は、湯豆腐などにしたくなるかもしれませんが、それだけを食べているのではなく、沢山の野菜と一緒に食べる事によって栄養バランスを整えることができます。

まとめ

豆腐ダイエットだけでなく、過去にもりんごダイエットやバナナダイエットといって単品だけ食べるダイエットが流行ったこともありましたが、単品だけ食べるというダイエットでは栄養が十分に摂れなくなってしまい、健康にも悪影響になってしまいます。

リバウンドしてしまう可能性もあります。

健康的にダイエットをしたいという場合にはやはり3食きちんと食べて、軽めでもいいので体を動かすことが一番なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました