上白石萌音の歌がうまいと評判の理由は?アカペラの歌唱力が高い!

人物

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で主役の佐倉七瀬を演じ、一躍注目が集まっている上白石萌音さん。

その上白石萌音さんは女優としてだけでなく、実は歌手としても活動していて、上白石萌音さんの歌がうまい!と評判なんです。

上白石萌音さんの歌は上手いと評判ですが、なぜ歌がうまいのかその理由について調べてみました。

そしてアカペラでの歌唱力が高いというので、アカペラでの歌声も紹介します。

上白石萌音の歌がうまい理由

女優の上白石萌音さんは歌手としても活動していて、歌番組に出演することもありますが、あまり知られていません。私も上白石萌音さんが歌がうまいことを知りませんでしたが「歌がうますぎる!」と評判のようです。

上白石萌音さんはなぜ歌がうまいなぜのか理由を調べてみると、上白石萌音さんの母親は元音楽教師でピアノの先生をされているそうです。

上白石萌音さんは言葉を覚えるのが早く、2歳になる前には話せるようになっていて歌も歌っていて、よく歌う女の子だったそうです。

3歳にはピアノを習い始めたのですが、ピアノは練習が厳しくて小学校1年の頃に一度やめたそうです。

小学校3年生から5年生のまでの3年間は父親の仕事の関係で、音楽のあふれるメキシコで生活していて、「街中に歌や踊りがあふれている国で音楽やエンタテインメントの魅力を感じ、自己の形成に大きな影響を与えた」と言っていました。

上白石萌音さんの歌が上手いのは、小さいころから音楽のある環境で育った影響が大きいそうですね。小学校1年生の頃から鹿児島市内のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通っていたので、歌唱力や表現力が身についたのかもしれません。

上白石萌音さんの名前の「萌音」は「音楽が好きになってほしい」との願いをこめて名付けられたそうです。

名前のとおりの女性に成長したんですね~。

上白石萌音のアカペラの歌唱力!

上白石萌音さんのアカペラでの歌声もすごく評判なのです。


アカペラでこんなにうまいってすごいです!心に響くというかちょっと鳥肌たちました。

ムチャぶりでもこの歌唱力!と絶賛されています。

アカペラではないのですが、上白石萌音さんがインスタライブでスピッツの「空も飛べるはず」を歌っているのが個人的にとっても好きです。声もいいし、かわいいです。

ネットでも上白石萌音さんの歌声が好きという声も多いです。

歌声に癒される~とか透き通っていてキレイなどなど上白石萌音さんの歌は評判がとってもいいですね!

癒される~っていうのがよく分かるんです。

上白石萌音さんが声優を務めた映画「君の名は」の劇中歌「なんでもないや」はほんとに癒されます。

上白石萌音の歌がうまい理由は?まとめ

上白石萌音さんが歌がうまい理由は、音楽教師の母親の影響もあり、小さい頃から音楽のある環境に触れていたからなんでしょうね。

ミュージカルを習っていたということも大きかったと思います。
これから女優、歌手としてさらに活躍していく姿に注目したいです。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました