夏用マスクの簡単な作り方やおすすめの生地は?ウィルス対策ができる方法も!

お役立ち

マスクが必需品となっている今日この頃。
夏が近づいて、だんだんと気温も高くなってきて、マスクをしていると蒸れるし、暑くてつらい~という方も多いのではと思います。

マスクで熱中症になる可能性があるという心配な情報もあります。

しかしまだまだマスクが必須の状況が今後も続いていくと思います。

暑い夏場でも快適につけれる夏用のマスクの簡単な作り方を紹介します。

どんな生地を選べばいいのかとか、夏用の生地だと薄いのでウイルス対策について気になることについて紹介します。

夏用マスクの作り方

生地を購入し、型紙を利用してマスクを作ります。いろいろなサイトで、マスクの型紙はダウンロードすることができます。

コチラのサイトからできます。

立体マスクや、平らなタイプなどなど種類もあるので作りたいマスクの型紙をダウンロードできます。

そのほかにもいろいろサイトで、型紙の大きさが違ったりするので、自分に合うものを探してみるのがおススメです。

裁縫が苦手とか、縫うのは面倒だ、という方には、冷感素材のハンカチやタオルを使用して縫わずにマスクを作るという方法もあります。

こちらは縫わないで簡単に折るだけで作れる夏用マスクの作り方。
ダイソーのクールタオル(ひんやりタオル)とゴムひもの代用にストッキングを使った誰でも簡単に作れるようになっています。手間がかからないのでいいですね!

注意として、この作り方のマスクにウィルスを捕捉する機能はないということです。

ハンカチマスクの作り方の動画ですが、これはすごく簡単!

夏場は、冷感ハンカチなど夏用の素材のもので作りましょう。

布マスクは、衛生的に心配という方もいると思いますので、その場合はマスクフィルタをセットして使うことがオススメです!
洗って使えて、通気性の良い抗菌マスクフィルターです。

夏用マスクにおススメの生地や素材は?

夏用マスクのポイント

夏用マスクのポイント
・通気性

・吸湿

・放湿性

・ドライ機能

・接触冷感

夏用のマスクを作る場合は、これらの機能を兼ね備えた生地を使うのがベスト。

夏用のマスクとして、ツイッターなどで話題になっている記事を紹介します。

エアリズム

ユニクロのエアリズムを切って、夏用のマスクを手作りした!という方も多くいます。

素材としてはすごく良さそうですよね!

Nクール

ひんやりとした寝具のニトリのNクール。夏用マスクの素材としてはいいけど、そんな安い物でもないし、マスクにするにはちょっともったいない?

Nクールの枕カバーを購入して、何枚かのマスクを作るというのがおすすめのようです。

アイスコットン

ひんやりとした素材の綿のことをアイスコットンといいます。

触ると冷たい寝具などに使われる素材です。

アイスコットンを使用したマスクも続々販売されています。

生地だけでも売っていますが、夏用マスクを作る!という方も今から増えてくるとおもうので早めに購入 しておくのが吉かと思います。

麻は風通しが良く、吸水性も良くさらっとしているので、これから暑くなってくる夏におすすめの生地ですが、麻も目が粗いので、3〜4枚重ねにして、Wガーゼや目の詰まった生地と組み合わせて使うのがおすすめです。

ナノミックス

繊維上の菌の繁殖を抑え嫌な臭いを防止する抗菌消臭効果のあるので、夏用マスクを作るのにも最適です。
夏は涼しく、冬は暖かく快適さを向上する蓄熱放熱効果もあって、アレルギー性皮膚炎改善促進など5種の効用に及ぶ特許を取得しているので、アトピーの人にもいいのかもしれません。

ナノミックスのマスクはお高め。

いろいろおすすめの生地がありますが、100円ショップなどでも接触冷感素材の生地製品が売られて手軽に購入できるので、試しに作ってみるのもおすすめです!

アイスコットンや麻など夏の洋服に使われている生地で、着なくなった夏服などを、リメイクして作ることもできます。


このように着なくなったTシャツをマスクにするのもいいですね。

夏用マスクはウイルス対策にはなるのか?

夏用マスクに使用する布はちょっと薄め、とか通気性がいい素材だったりするので、ウイルス対策になるのかちというところがやや疑問。

使い捨てマスクや布マスクでも同様で、マスクはウイルスを防ぐというより他に移さないようにするためにつけるマスクです。

夏用マスクでもつけないよりは付けた方が、少しだとしても咳やくしゃみのしぶきを飛沫させることを防ぐことができます。

今の時期はマスクをしていないと、「なんでこの人マスクしてないの?」という目で周りからも見られてしまう恐れもあるので、マスクをしていることで周りにいる人たちも安心させることができるという意味でもマスクはつけた方がいいと思います。

マスクをすることは、鼻やのどの粘膜を保湿してウイルス感染を防ぐといった点では期待でき、大きい飛沫も飛ばないようにすることができます。

ウィルスが気になる!という方は抗ウイルスの生地で作るとか、除菌のスプレーを吹きかけてウィルス対策にするというやり方もあります。

レモンなど香りのあるスプレーだと、リフレッシュできそうな感じがあっていいですね(^^)

マスクの能力がアップ!マスクスプレーについての気になる動画もあります。

夏用マスクの生地の購入する穴場は?

夏用マスクを自分で作るためそれに適した生地も販売されています。

今からみんな作ろうと思って購入するので、すぐ売り切れてしまうかもしれません。

夏用マスク生地の購入先の穴場は、やはりダイソーやセリアなどといった100円ショップ

100円ショップで売っている麻やコットンのハンカチとかがおススメで、なかなか売り切れないと思います。

ハンカチに殺到してしまったら分かりませんが・・・。
100円ショップなら材料費も安く抑えられて、マスクを手作りできるかと思います。

夏用マスクの簡単な作り方やおすすめの生地は?まとめ

夏用のマスクの簡単な作り方や、おすすめの生地をご紹介しました。

夏になって暑くなると、今のマスクでは蒸れたりするので快適なマスクで過ごしたいと思います。

理想としては、夏になる頃にはマスクをしなくても良いぐらいに収束ていたらいいなと思うのですが、おそらくまだまだかかりそうな気もします。

夏用のマスクについて参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました